闊達行雲の日記&レビュー

イラスト、小説、ゲームを作っています。

自己紹介

■来歴

はじめまして。2010年頃から創作活動をしている闊達行雲(かったつこううん)といいます。

変わった名前だけどよろしくね!

生まれたころはネットも何もなく、マンガやアニメ、音楽を受け取って感動したり興奮したり、いろいろとエンタメ作品に影響を受けながら育ちました。

そのうちにインターネットが出てきて、おもしろくなってDLsiteなどで作品を発表し、それからそのサイトで作品を発表すると使える、Ci-enの前身のDLsiteブログというところで、ブログと作品制作を中心(比重はブログの方が重かったかも)に活動していました。そのときはサバスチャンと名乗っていましたね。

 

ふーん、そうだったのね。

 

自分の創作のベクトルがこんがらがっていて、なかなか作品が実を結ばず、苦労しました。もっとブログの方を突き詰めていって、小説を書けていたら違っていたなと思います。が、後悔先に立たずでなかなか活動が思うようにいかず、憂鬱でストレスフルな日々が長く続きました。

その後、こんがらがったままで2015年ぐらいまで活動しますが、もろもろの事情からしばらくお休み期間をとることになります。その辺の事情も以前どこかで書きましたが、こちらのブログでも書きたいと思います(※後述)。

 

そうだったんだなあ。 

 

そして、2021年の10月頃から活動を再開。改名して、心機一転、新しい気持ちで制作に臨んでいくことになります。

同年の11月にツクールMVにて「ソードクレスト:剣の紋章」を発表。そして2022年には小説「College Life~大学生活物語~」を上梓します。

まずまず環境的にも安定感を持って活動できてきたこともあり、改名前にはできなかったことを取り戻すように、制作に集中していきます。

 

安心感、大事なことだね。 

 

そして現在にいたります。制作スピードは決して速いとは言えませんが、様々な角度から、自分の見ている世界を切り取って表現していく・・・。そういう活動ができればと思っております。

 

■軽く、自身のバックグラウンドを

 

大学時代は臨床心理学を専攻しました。担当教官はフロイトを専門にしてました。高校生ぐらいから哲学が大好きになり、そちらを専攻しようかなと文学部を志していましたが、センター試験(いまの共通テストね)で思いっきり大コケ。やむなく学部をかえようと思っていたところ、同時に興味があったカウンセリングの勉強ができるということでそっちの学部にうつった感じです。

専門はそのため臨床心理学をはじめ心理学なんですが、哲学も大好きです。宗教学では仏教と浄土真宗をよく学び、ブッダの教えを個人的に信奉しています。浄土真宗は他宗派に対してかなり厳しく外道呼ばわりすることもありますが、その辺の他宗派に対する感度には、少々疑問を持っています。同じく真理を伝えればいいと思うので、「外道、邪教」とかいって“切り捨てて”しまうのはどうなのかなと。それよりは同じ宗教者として、学ぶことは学んでいけばいいのではないかと思っています。

なおとくに特定の宗教団体に所属などはしておらず、完全に一在家のものとして仏教を勉強しています。いちおう浄土真宗を主として信仰しているものです。

90年代のオウムしかり、最近は統一教会がらみの大きな事件があったりして、宗教的なものは一般の人にとっては風前の灯火、あるいはそんなものを信じているから現実うまくいかないんだ、と冷笑の対象なのかも知れませんが、本来の宗教にはそういういかがわしさとは真逆の精神的対象なのではないか、という感慨をもっています。宗教団体が拡大するにつれての、組織とお金との関係性、金銭との結びつきが、大きな腐敗の要因になっている気がします。これは団体でも個人でも、同じだと思います。

そういう点から宗教に関して、一在俗庶民としての信仰心は大事にしているつもりの人です。

■ブログの内容

それで、ブログの中身はどんなものになるんだ? 

 

活動内容としては、おもにイラスト、小説、ゲームを中心に活動していこうと思っています。ブログの内容はその活動を定期的に報告するものになってきます。これが第一です。

そして、そのイラスト制作や活動に応じて、使ったガジェットのレビュー、またプレイしたゲームの感想、その他買ってよかったもののレビュー記事なども書いていきたいと思います。

 

なるほどな。活動報告といろんなもののレビュー記事がメインになってくるんだな。こいつはおもしろそうだぜ! 

 

40代に入り活動期間的には長い部類に入ってきました。通算すると14年、休んでいた期間を除外すると実質8年目になりますが、まだまだスキルが拙くてやれてないことばかりです。ひたすら精進していきたいと思います。

 

 ふふ、ブログに登場する私たちともども、どうぞよろしくお願いいたしますわ。

 

☆【活動内容についてさらに読みたい方は、あわせてご覧ください】

 

kattatu-yukigumo.com

kattatu-yukigumo.com

kattatu-yukigumo.com