闊達行雲の日記&レビュー

イラスト、小説、ゲームを作っています。

制作進捗状況【60】

制作進捗状況

本格的にCG集を作成するモードに入り制作を進めています。iPadと連携しながら下絵を描き進めているところです。
300円くらいのお気軽に試せる金額の作品にしていきたいため、筆がノっているときにそのときに食指の向いている、好きな感じのキャラにしていく。そういうものにしていきたいと思います。まあ気軽な気分で、描く側もあまり負荷を感じないように、気負いすぎて自分で自分を縛りすぎないように、その点に重点を置きながら作画作業していきたいと思います。

レビュー記事を書いていて思うこと

iPadで左手デバイスを導入したのですが、これがかなりよく、作画効率が上がりました。僕のブログはレビュー記事がわりによく見られているため、他にもすでにレビューされている商品ですが、僕自身でもいつか時間を取ってレビューしたいなと思います。
やっていることは自分の好きなことや、ためになったこと、好きなゲームや本・お絵かきツールの紹介と趣味の延長線上にあたるようなことで好きなことをやっているだけなのですが、「それ」がいいのですね。
創作系のブログを追っかけて見ようと思う気持ちって何だろうと考えてみると、やっぱり、そのひとの「好き」に惹かれるものがあって、それつづったものを読んでいるのが楽しくて、そこに同じように喜びを感じて、おっかけていきたくなる。そういうことって多いと思います。そういう時に大事なのって、「気軽さ」だと思うんです。クリエイター側が無理をしていない。肩の力が抜けた状態で、楽しんでいる。そうしていると続くし、好きなことを本当に楽しんで書くことができます。
自分で自分を縛っている、自分で事態を難しくしてしまって、いろんなことを考えてかんじがらめになっていると、見る人も「何でこの人は苦悩しているんだろう、楽しくない」と思い離れていく。そう、創作をするにあたっては、自分で自分を難しくしない、縛らない。適度に肩の力を抜いて、好きなことを楽しんでやっていくことも大事なのですね。そういうことに気がつきます。

 

積みゲーの本数:45本

今週はゲームをプレイしませんでした。他にいろいろと用事があり、そちらに時間を取られていました。ユニコーンオーバーロードが30時間ちょい、メガテン3もそのくらいです。

 

=======================================

 

【販売中の作品】

Sword Crest(ソード・クレスト)~剣の紋章~

 

 

かつて勇者アベルが魔王アイゼルダーを封印してから、数百年。ユグドの大地には平和が訪れていた。そんな中、いつからか魔獣の気配が濃厚となり、魔王が復活したという噂が、ユグドの地の各所で耳にされるようになった。
そのような中、一人の青年が、過去の記憶を失くし、セテ方面にある「喪失の森」の入り口で目を覚ます。
手には、輝く「剣の紋章」が、しっかりと握られていた...。
紋章の光に導かれながら、彼が魔王を倒すまでの道のりを描いた、ツクール製オリジナルRPG作品です。

DLsite:https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ353572.html

 

College Life~大学生活物語~、第一部:無意識の色彩

 

 

 

 

あらすじ:退屈な大学生活に倦んでいた、加藤は、とあるキッカケから、創作を志すようになる。サークルの仲間たちとの交流の中で、青春の日々を送りながら、少しずつ「自分が本当に思い描く生き方」を目指して進んでいく。
「自分にとって創作とは何か」と問うことは、自己自身でも知ることのない、閉ざされた“無意識”と交流することを意味していた。
絵と文章、二つの制作を同時に究めようとする独自の道を進みながら、葛藤する彼の心理的力動を書き記す。
迷った、悩んだ、考えた───。その思考の過程(プロセス)・制作における観念の運動を、入念かつ緻密に書きおこす。大学一年生の夏~冬までを収録。
文庫本換算:約340ページ(39字×15行)

 BOOTH:https://is.gd/dfbwvW

BOOK☆WALKER:https://bookwalker.jp/deb644fd74-8b44-43c6-8289-b15ec6f2fa73/